すくすく日記

すくすく日記

なかよし交流会  ~年長組~ (2024年02月15日)

今日は堤小学校の1年生と交流をしました。

「小学校ってどんなところかな?」

わくわくとドキドキの気持ちで出発しました。

 

校舎の中から先生が手を振ってくれて、少し緊張がほぐれました。

体育館にはいり、1年生のお兄さんお姉さんに案内してもらいました。

「一緒に学ぼう」の活動では、しろくまのジェンカというダンスをしたり、玉入れをしたりしました。

小学校の玉入れは幼稚園のより高くて、玉も違いました。

 

 

体育館での交流会のあと、少しだけ教室を見せてもらいました。

 

 

廊下を歩くときは、右側を歩くことを知りました。

本を自由に借りて読めることも知りました。

 

人が乗れないエレベーターがあることを知りました。

給食を運ぶためと知り、驚く子どもたち。

ふわふわ言葉の意味も知りました。うれしいメッセージがたくさん書かれていました。

帰りは教頭先生に

「元気に小学校においでね!」

と声をかけてもらい、元気に返事をして帰ってきました。

交流会をしたことで、さらに期待が膨らみますように!



このページの上へ


ぴよちゃん教室《未就園児教室》🐤 (2024年02月15日)

今日のぴよちゃん教室は、園庭で雪遊び!

・・・のはずが、あいにくの雪不足でホール遊びに変更です。

最初に絵本を読んで、その後紙コップでロケットを作りました。

 

 

ホール遊びは、たんぽぽ組(満3歳児)の子どもたちと一緒に遊びました。

 

次回は2月27日(火)ひなまつり製作を行います。

是非遊びに来てください。



このページの上へ


2月誕生会 (2024年02月08日)

今日は2月の誕生会でした。2月生まれは5人です。

たくさんの友達の前で堂々と名前を話すことができました。

 

友達からプレゼントとカード、そしてみんなから「おめでとう!」とお祝いされ、とっても嬉しそうにしていました。

 

 

次はお楽しみの先生からの出し物です。今回は箱の中に手を入れ、中の物を当てるゲームです。

何が入っているのかドキドキした表情をしながら手を入れると…ブラシやボール、タンブリン、りんご。そして、おもしろ眼鏡まで入っていて、みん大笑いでした。

 

 

 

見ている子どもたちもドキドキ・ハラハラでしたが、笑い声いっぱいの楽しい誕生会でした。

 



このページの上へ


そりあそび~モヤヒルズ~ (2024年02月07日)

今日は満3歳児組と年少組で、モヤヒルズにそり遊びに行きました。

「わ~山が白いよ!」と目を輝かせていました。

そりを自分たちで一生懸命引っ張って山をのぼります。

 

 

 

 

上から滑ってくる子どもたちは、とても楽しそうな笑顔でした。

雪山を登ったり、大きい雪の塊を集めたり、たくさん遊んで楽しかった様子です。

 

 

 

最後は山に「またね~」と手を振ってお別れしました。

楽しい1日を過ごすことができました。



このページの上へ


冬の冒険  ~年長組~ (2024年02月07日)

森の冒険、秋の焚き火体験でお世話になった佐々木先生(森のおじさん)がモヤヒルズにイグルーを作りました。

子どもたちには「イグルーを見に行く」とは言わず、冬の冒険に行こう!とだけ言って出かけました。

「どうやって冒険するの?」

「ちょっとだけヒント教えて!」

とわくわくが止まりません。

ヒルズクラブで冬の冒険のミッションを渡しました。

 

『イグルーを見つけて中に入ってみよう』

『スキー教室の時に使った建物の近くにあるよ。』

と書かれた紙を見て、

「イグルーってなに?」

「外に出てみよう!!」

冬の冒険、スタート!

 

「こっちかな?」

「上に行ってみよう!!」

スキー場にでた瞬間、ここはどこ!?

少し歩くと・・・

 

「あった!!」

 

スキーをしている人たちの邪魔にならないように急ぎ足で向かいました。

青森大学のヒュッテをお借りして、次のヒントを確認しました。

「イグルーってどんな形だろう・・・あれ??森のおじさんだ!」

「イグルーって書いてあるよ。」

ヒュッテに貼られていた大きなポスターに気がつきました。

 

ポスターの森のおじさんにみんな大喜び。

「これがイグルー?」

二箇所ある出口のどちらから出るとイグルーがあるか、みんなで話し合っていました。

やっと決まり、外に出ると・・・・・・

 

イグルーが見えました。

「あったーーーー!!!!」

 

恐る恐る中に入ると、

大きな部屋がひとつ。さらに奥にももうひとつ部屋が。

 

 

せっかくなのでキャンドルを灯してお茶を飲みました。

 

イグルーの周りには、うさぎの足跡が。

「どこまで続くのかな。」

 

 

 

森のおじさんに会えず残念でしたが、思い出に残る冒険となりました。

「また行きたい!」

と、名残惜しそうにモヤヒルズを後にしてきました。

みんないい笑顔ばかりでした。

 

 

佐々木先生が作ったイグルーがカフェに。

2月10日、11日、12日、17日、18日限定で、イグルーカフェを開催するそうです。

時間は12時から17時。

森のおじさんと会えるかもしれません。

 

 



このページの上へ


ゆきあそび 楽しいね! (2024年02月05日)

今日はお天気が良かったので、満三歳児・年少組で雪遊びを楽しみました。

 

 

 

 

大きな雪の山をのぼったり降りたり、シャベルやカップで雪のケーキを作ったり、

それぞれでいろいろな遊びを楽しみました。

また、お天気が良いときにいっぱい遊びましょうね。



このページの上へ


豆まき会 (2024年02月02日)

今日は豆まき会でした。豆まきの日が近づくにつれ、鬼本当にくるの?と心配そうにしている子もいましたが、鬼を退治する!と手作りの豆を作る勇気のある子もいました。

 

 

節分の由来について話を聞いたり、手の込んだ鬼のお面の紹介をしたりしました。

お待ちかねの豆まき!まずは自分の心の中の鬼。廊下を走る鬼やなかなか寝ない鬼、お風呂入りたくない鬼を追い払いました。

 

 

 

心の中の鬼を追い払い、すっきりしたところで青鬼の登場です。

金棒を持ち怖そうな表情の鬼を見て、隠れる子、勇敢に豆をぶつける子とホールはにぎわっていました。

逃げまわる子の表情は真剣そのものです。

 

 

その頃満3歳児の部屋では、優しい青鬼が登場!

青鬼と仲良しになってみんなもニコニコ!

 

「鬼、怖くなかったよ~!」

 

 

今年の豆まきも無事に終わり、楽しい時間を過ごすことができました。



このページの上へ


学校法人山田学園 青森大学附属 呉竹幼稚園

特色のある保育

先生紹介

預かり保育

子育て支援活動

園児募集要項

すくすく日記

 

学校法人青森山田学園 青森大学附属 呉竹幼稚園 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目15-2 TEL/FAX:017-722-6017

Copyright(C)2012 kuretakeyouchien all right reserved.